尋常な殺人法ではない

「うん、とにかくこれは尋常な殺人法ではない」 検事と署長は、踏台の上で顔を見合わせた。「ねえ、検事さん。一体この被害者は、頸を締められたのが先だっしゃろか、それとも鋭器を突込んだ方が先だっしゃろか」「それは正木君、もちろん鋭器による刺殺の方が先だよ。何故って、まず出血の量が多いことを見ても、こ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:59 pm  

村松検事は屍体を見上げた

「おお血や、血や」「ナニ血だって? 縊死《いし》に出血は変だネ」 と村松検事は屍体を見上げた。そのとき彼は愕きの声をあげた。「うむ、頭だ頭だ。後頭部に穴が明いていて、そこから出血しているようだ」「なんですって」 人々は検事の指《ゆびさ》す方を見た。なるほど後頭部に傷口が見える。「オイ誰か...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:23 pm  

不思議なる惨劇《さんげき》

   不思議なる惨劇《さんげき》

 死と生とを決める刻限は、既に過ぎた。 死の宣告状をうけとったこの邸の主人玉屋総一郎は、自ら引籠った書斎のなかで、一体なにをしているのであろうか。その安否を気づかう警官隊が、入口の扉を破れるように叩いて総一郎を呼んでいるのに、彼は死んだのか生きているのか、中から...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:22 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0108 sec.

http://harlowvts.org.uk/