答に出た「蠅男」

「ええ、なんですって。この犯行にどの位時間が懸るというのですか。うむ、それは頗《すこぶ》る優秀なる質問ですね。――」 帆村は腕を組んで、犯行の時間を推定するより前に、なぜ糸子が、このような突然の質問を出したかについて訝《いぶか》った。

   答に出た「蠅男」

「犯行に費した時間はというと、そ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:02 pm  

冷い父親の下半身

 糸子は帆村の手をふりきって、冷い父親の下半身にしっかり縋《すが》りつき、そしてまた激しく嗚咽《おえつ》をはじめたのであった。鬼神のように強い警官たちではあったけれど、この美しい令嬢が先に母を喪い今こうして優しかった父を奪われて悲歎やる方なき可憐な姿を見ては、同情の心うごき、目を外らさない者はなかっ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:01 pm  

騒がしい諍《いさか》い

 そのとき室の入口に、なにか騒がしい諍《いさか》いが始まった。 踏台の上にいた検事はヨロヨロとした腰付で入口を見たが、ひと目で事情を悟った。「オイ帆村君。被害者の令嬢がこの惨劇を感づいて入りたがっているようだ。君ひとつ、いい具合に扱ってくれないか。むろんここへ近付いてもかまわないが、その辺よろし...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 06:00 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0115 sec.

http://harlowvts.org.uk/