探偵眼

「だが検事さん。あのドクトル邸は、ドクトル一人しかいなかったと仰有っていますが、事件前後に、若い女があの邸内にいたことを御存じですか」「ナニ若い女が居た――若い女が居たというのかネ。それは君、本当か。――」 村松検事は、冗談でない顔付になって、帆村の顔を穴の明くほど見つめた。

   探偵眼...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:12 pm  

灘の生一本? 

「ウフ、名探偵帆村荘六さえ、そう思っていてくれると知ったら、蠅男は後から灘《なだ》の生《き》一本かなんかを贈ってくるだろうよ」「灘の生一本? 僕は甘党なんですがねえ」「ホイそうだったネ。それじゃ話にもならない。――いいかね、旅行中の看板を出したのは、訪問客を邸内に入れない計略なのだ。邸内に入られ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:11 pm  

警官のオーバーという例の異様な風体

 帆村は、寝衣《ねまき》の上に警官のオーバーという例の異様な風体で、さっきから二枚の脅迫文をしきりと見較べていた。「チャンバラはぜひ見たいと思うのですが、僕は頭脳《あたま》が悪いので、そういうときにまず映画台本《シナリオ》をよく読んでおくことにしているんでしてネ」「ほう、君の手に持っているのは、...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:10 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0115 sec.

http://harlowvts.org.uk/