鉄道時間表の常識

「ははア燐寸と鉄道時間表の常識とが種だっか」と警官は大真面目に感心して、「すると東京が暖いとか、雨が降っていたというのは――」「あれは、上原君なんかの靴を見たんです。かなりに泥にまみれていました。ご承知のように、わが大阪は上天気です。しからば、あの靴の泥は東京で附着したのに違いないでしょう。それも...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:14 pm  

藍甕転覆《あいがめてんぷく》事件

「いや、服ならあるんです。ソロソロ閑《ひま》になりましたから、一つ着かえますかな」 そういって帆村は、そこに張り番をしていた警官に会釈すると、警官は椅子の上に置いてあった風呂敷包みをとって差出した。風呂敷を解くと、宿屋に残してあった洋服がそっくり入っていた。「呆《あき》れたものだ。早く着換えとけ...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:14 pm  

互いに顔を見合わせた

 若い男女は、愕きの目を見張って、互いに顔を見合わせた。「きょうの列車は、燕《つばめ》号ですネ。だいぶん空《す》いていましたネ。お嬢さんは、よく睡れましたか」 これを聞いていたカオルは、真青になった。「ああ、もうよして下さい。気持が悪くなりますわ。探偵なんて、なんて厭《いや》な商売でしょう。ま...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:13 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0107 sec.

http://harlowvts.org.uk/