たしかに蠅男に違いあらへん

「本当《ほんま》でっせ。たしかに蠅男に違いあらへん。ゴソゴソゴソと、重いものを引きずるような音を出して、二階の廊下の下を匍うとりました」「二階の廊下の下を――」 と署長が天井を見上げると、周囲の警官たちも、こわごわ同じように天井を見上げながら、頸を亀の子のように縮めた。「鼠とちがうか。蛇が天井...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:21 pm  

私は怪しい者ではござりまへん

「へえ、私は怪しい者ではござりまへん。会社の庶務にいます山ノ井という者で、今日社長の命令で手伝いに参りましたわけで……」「それでどうしたというのや。殺されるとか死んでしまうと喚きよったは――」「いや、それがモシ、私が階段の下に居りますと上でドシドシとえらい跫音だす。ひょっと上を見る途端に、なにや...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:20 pm  

新療法の医者

「主治医や云うてます。なんでも宝塚に医院を開いとる新療法の医者やいうことだす。さっき邸を出てゆっきよったが、どうも好かん面《かお》や」 と、署長は、白面《はくめん》無髯《むぜん》に、金縁眼鏡をかけているというだけの、至って特徴のない好男子の池谷与之助の顔に心の中で唾をはいていた。「なんだ、怪しい...

このエントリーの続きを読む≫

— posted by id at 05:19 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0113 sec.

http://harlowvts.org.uk/