宝塚の一銭活動写真

 と、帆村探偵は心の中で非常に大きい駭《おどろ》きを持った。――密室に煙のように出入することの出来る背丈八尺の怪物!「蠅男」を勘定から出すと、イヤどうも何といってよいか分らぬ恐ろしい妖怪変化となる。果してこんな恐ろしい「蠅男」なるものが、文化|華《はな》と咲く一千九百三十七年に住んでいるのであろうか。 帆村は、彼が糸子の傍に佇立《ちょりつ》していることさえ忘れて、彼のみが知る恐ろしさに唯《ただ》、呆然《ぼうぜん》としていた。

   宝塚の一銭活動写真

 それから二日のちのことだった。帆村荘六はただひとりで、宝塚の新温泉附近を歩いていた。 空は珍らしくカラリと晴れあがり、そして暖くてまるで春のようであった。冬の最中とはいえ真青に常緑樹の繁った山々、それから磧《かわら》の白い砂、ぬくぬくとした日ざし――帆村はすっかりいい気持になって、ブラブラと橋の上を歩いていった。これが兇悪「蠅男」の跳梁《ちょうりょう》する大阪市と程遠からぬ地続きなのであろうかと、分りきったことがたいへん不思議に思われて仕方がなかった。 新温泉の桃色に塗られた高い甍《いらか》が、明るく陽に照らされている。彼は子供の時分よく、書生に連れられて、この新温泉に来たものであった。彼はそこの遊戯場にあったさまざまな珍らしいカラクリや室内遊戯に、たまらない魅力を感じたものであった。彼の父はこの温泉の経営している電鉄会社の顧問だったので、彼は一度来て味をしめると、そののちは母にねだって書生を伴に、毎日のように遊びに来たものである。しかし書生はカラクリや室内遊戯をあまり好まず、坊ちゃん、そんなに遊戯に夢中になっていると身体が疲れますよ、そうすると僕が叱られますから向うへ行って休憩しましょうと、厭《いや》がる荘六の手をとって座席の上に坐らせたものだ。 その座席は少女歌劇の舞台を前にした座席だったので、自然少女歌劇を見物しながら休息しなければならなかった。書生はここへ来ると俄然|温和《おとな》しくなって、荘六のことをあまり喧《やかま》しく云わなかった。その代り彼は、突然|団扇《うちわ》のような手で拍手をしたり、舞台の少女と一緒に唱歌を歌ったり、それからまた溜息をついたりしたものである。荘六は子供心に、書生が一向休憩していないのに憤慨《ふんがい》して、ヨオお小用《しっこ》が出たいだの、ヨオ蜜柑《みかん》を買っておくれよ、ヨオ背中がかゆいよオなどといって書生を怒らせたものである。――いま橋の上から、十何年ぶりで、新温泉の建築を見ていると、そのときの書生の心境をハッキリ見透《みとお》せるようで頬笑ましくなるのであった。彼は久し振りに新温泉のなかに入ってみる楽しさを想像しながら、橋の欄干《らんかん》から身を起して、またブラブラ歩いていった。

— posted by id at 06:03 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1680 sec.

http://harlowvts.org.uk/