村松検事は屍体を見上げた

「おお血や、血や」「ナニ血だって? 縊死《いし》に出血は変だネ」 と村松検事は屍体を見上げた。そのとき彼は愕きの声をあげた。「うむ、頭だ頭だ。後頭部に穴が明いていて、そこから出血しているようだ」「なんですって」 人々は検事の指《ゆびさ》す方を見た。なるほど後頭部に傷口が見える。「オイ誰か踏台を持ってこい」検事が叫んだ。 帆村探偵に抱かれていた糸子は、間もなく気がついた。そのとき彼女は低い声でこんなことを云った。「――貴郎《あなた》、なんで書斎へ入ってやったン、ええ?」「ええッ、書斎へ――何時、誰が――」 意外な問に帆村がそれを聞きかえすと、糸子は呀っと声をあげて帆村の顔を見た。そして非常に愕きの色を現わして、帆村の身体をつきのけた。「――私《うち》、何も云えしまへん」 そういったなり糸子は沈黙してしまった。いくら帆村が尋ねても、彼女は応えようとしなかった。そこへ奥女中のお松が駈けつけてきて、帆村にかわって糸子を劬《いたわ》った。 警官たちに遅れていた帆村は、そこで始めて惨劇の演ぜられた室内に入ることができた。「ほう、これはどうもひどい。――」 彼とてもこの場の慄然《りつぜん》たる光景に、思わず声をあげた。そのとき検事と署長とは、踏台の上に抱き合うようにして乗っていた。そしてしきりに総一郎の屍体を覗きこんでいた。「――正木君。これを見給え、頭部の出血の個所は、なにか鋭い錐《きり》のようなものを突込んで出来たんだよ。しかも一旦突込んだ兇器を、後で抜いた形跡が見える。ちょっと珍らしい殺人法だネ」「そうだすな、検事さん。兇器を抜いてゆくというのは実に落ついたやり方だすな、それにしても余程力の強い人間やないと、こうは抜けまへんな」

— posted by id at 05:23 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1921 sec.

http://harlowvts.org.uk/