東京弁のその警官

 署長は居間の前に、警官が一人立っているのを見て、ホッと安心した。「オイ異状はないか。ずっとお前は、ここに頑張っていたんやろな」「はア、さっきガチャンのときに、ちょっと動きましたが、すぐ引返して来て、此処に立ち続けて居ります」 と東京弁のその警官が応えた。「なんや、やっぱり動いたのか」「はア、ほんの一寸《ちょっと》です。一分か二分です」「一分でも二分でも、そらあかんがな」 といったが、他の二人はどこへ行ったか居なかった。「さあ、ちょっと中へ合図をしてみい」 警官は心得て、ドンドンドン、ドンドンと合図どおりに扉をうった。そしてそれをくりかえした。「――御主人! 玉屋さーん」 署長は扉に口をあてんばかりにして呶鳴った。しかし内部からは、なんの応答も聞えなかった。「こら怪ったいなことや。もっとドンドン叩いてみてくれ」 ドンドンドンと、扉はやけにうち叩かれた。主人の名を呼ぶ署長の声はだんだん疳高《かんだか》くなり、それと共に顔色が青くなっていった。「――丁度午後十二時や。こらどうしたんやろか」 そのとき広い廊下の向うの隅にある棕櫚《しゅろ》の鉢植の蔭からヌッと姿を現わした者があった。

— posted by id at 05:22 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0352 sec.

http://harlowvts.org.uk/