たしかに蠅男に違いあらへん

「本当《ほんま》でっせ。たしかに蠅男に違いあらへん。ゴソゴソゴソと、重いものを引きずるような音を出して、二階の廊下の下を匍うとりました」「二階の廊下の下を――」 と署長が天井を見上げると、周囲の警官たちも、こわごわ同じように天井を見上げながら、頸を亀の子のように縮めた。「鼠とちがうか。蛇が天井に巣をしとるのやないか。オイお松、ハッキリ返事をせい」 署長はすこし狼狽《ろうばい》の色を現わした。「ちがいますがな、ちがいますがな。鼠があんな大きな音をたてますかいな。――蛇? 蛇が、こんな新築《しんだち》に入ってくるものでっしゃろか。ああ気持がわるい」 署長は、しばらく無言で、ただ獣のように低く唸っていた。が、急に腕時計を出してみて、「ウム、いま十一時五十五分だ。――」 と叫んで、周囲をグルッと見廻したが、その人垣の外に、村松検事が皮肉たっぷりの笑みを浮べて立っているのを見つけると、「ああ、検事さん。いまのお松の話お聞きでしたか。蠅男がこの厳重な警戒線を突破して天井裏を匍《は》うというのは、本当《ほんま》のことやと思われまへんが、時刻も時刻だすよって、一応主人公の安否を聞いてみたら思いますけれど、どないなもんでっしゃろ」 検事はパイプを口から離して、静かに云った。「聞いてみない方より、聞いてみた方がいいだろうネ。しかしこんなくだらん騒ぎに、こんなに皆が一つ処に固まってしまうのじゃあ、完全な警戒|網《もう》でございとは、ちょっと云えないと思うが、どうだ」「おお」と署長は始めて気がついたらしく、「これ皆、一体どうしたんや。よく注意しておいたのに、こう集って来たらあかへんがな。――ああ、あの部屋に間違いはあらへんやろな」 署長は慌ててそこを飛びだし、主人公の籠城している居間の方へ駈けだした。「ウム、よかった。――」

— posted by id at 05:21 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1802 sec.

http://harlowvts.org.uk/