私は怪しい者ではござりまへん

「へえ、私は怪しい者ではござりまへん。会社の庶務にいます山ノ井という者で、今日社長の命令で手伝いに参りましたわけで……」「それでどうしたというのや。殺されるとか死んでしまうと喚きよったは――」「いや、それがモシ、私が階段の下に居りますと上でドシドシとえらい跫音だす。ひょっと上を見る途端に、なにやら白いものがスーッと飛んできて、この眉間にあたったかと思うとバッサリ!」「なにがバッサリや。上から飛んで来たというのは、そらそこに滅茶滅茶に壊れとる金魚鉢やないか。なにを慌てているねん。二階から転げ落ちてきたのやないか」「ああ金魚鉢? ああさよか。――背中でピリピリするところがおますが、これは金魚が入ってピチピチ跳ねとるのやな」 署長以下、なんのことだと、気の弱い社員のズブ濡れ姿に朗らかな笑声を送った。「――女の方は誰や。コラ、こっち向いて――」 と、署長は、鳩が豆を喰ったように眼をパチクリしている四十がらみの女に声をかけた。「へへ、わ、わたくしはお松云いまして令嬢《いと》はんのお世話をして居りますものでございます」「ウム、お松か。――なんでお前は金魚鉢を二階から落としたんや。人騒がせな奴じゃ」「金魚鉢をわざと落としたわけやおまへん。走って居る拍子に、つい身体が障りましてん」「なんでそんなに夢中で走っとったんや」「それはアノ――蠅男が、ゴソゴソ匍《は》ってゆく音を聞きましたものやから、吃驚《びっくり》して走りだしましたので――」「ナニ蠅男? 蠅男の匍うていっきょる音を聞いたいうのんか。ええオイ、それは本当か――」 署長は冗談だと思いながらも、ちょっと不安な顔をした。なにしろ蠅男防禦陣を敷いている真最中のことであったから。

— posted by id at 05:20 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2108 sec.

http://harlowvts.org.uk/