生きている主人

 そういって村松検事は、時計を見ながら、帆村の肩を指で突いた。 しかし、警官は、何に感心したものか、いつまでも、「なるほどなアなるほどなア」と独《ひと》り言《ごと》をいいながら、二人の出てゆくのにも気がつかない風だった。

   生きている主人

 夜はいたく更けていた。 仰ぐと、寒天には一杯の星がキラキラ輝いていた。晴れ亙《わた》った暗黒の夜―― ほとんど行人の姿もない大通りを、村松検事と帆村荘六の乗った警察自動車は、弾丸のように疾駆していった。 天下茶屋《てんかぢゃや》三丁目は、スピードの上では、まるで隣家も同様であった。 玉屋邸の前で、二人は車を下りた。 扉を開けてくれたのを見ると、それは、帆村もかねて顔見知りの大川巡査部長だった。彼は直立不動の姿勢をして、「――私がもっぱら屋外警戒の指揮に当っとります」 と、検事に報告した。「それは御苦労。すっかり邸宅を取巻いているのかネ」「へえ、それはもう完全やと申上げたいくらいだす。塀外《へいそと》、門内、邸宅の周囲と、都合三重に取巻いていますさかい、これこそ本当《ほんま》の蟻の匍いでる隙間もない――というやつでござります」「たいへんな警戒ぶりだネ」

— posted by id at 05:16 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.2099 sec.

http://harlowvts.org.uk/