灘の生一本? 

「ウフ、名探偵帆村荘六さえ、そう思っていてくれると知ったら、蠅男は後から灘《なだ》の生《き》一本かなんかを贈ってくるだろうよ」「灘の生一本? 僕は甘党なんですがねえ」「ホイそうだったネ。それじゃ話にもならない。――いいかね、旅行中の看板を出したのは、訪問客を邸内に入れない計略なのだ。邸内に入られて御覧。そこにドクトルの屍体があって、火炙《ひあぶ》りになろうとしていらあネ。それでは犯人のために都合が悪かろうじゃないか。アメリカでは、よくこんな手を用いる犯罪者がある」そんなことを知らなかったのか、とにかく帆村は苦笑をした。「じゃ、ドクトルはもうこの世に姿を現わさないと仰有るのですね」「それは現わすことがあるかも知れない。君、幽霊というやつはネ、今でも――」 帆村は愕いて、もうよく分りましたと云わんばかりに人を喰った検事の方へ両手を拡げて降参降参をした。「じゃ検事さん。ドクトルを殺したのは誰です」「きまっているじゃないか。蠅男が『殺すぞ』と説明書を置いていった」「じゃあ、あの機関銃を射った奴は何者です」「うん、どうも彼奴《あいつ》の素性《すじょう》がよく解せないんで、憂鬱《ゆううつ》なんだ。彼奴が蠅男であってくれれば、ことは簡単にきまるんだが」「さすがの検事さんも、悲鳴をあげましたね。あの機関銃の射手と蠅男とは別ものですよ。蠅男が機関銃を持っていれば、パラパラと相手の胸もとを蜂の巣のようにして抛《ほう》って逃げます。なにも痴情の果《はて》ではあるまいし、屍体を素裸にして、ストーブの中に逆さ釣りにして燃やすなんて手数のかかることをするものですか」「オヤ、君は、あの犯人を痴情の果だというのかい。するとドクトルの情婦かなんかが殺ったと云うんだネ。そうなると、話は俄然《がぜん》おもしろいが、まさか君も、流行のお定宗《さだしゅう》でもあるまいネ」 帆村はそれを聞くと、胸をちょっと張っていささか得意な顔つきで、

— posted by id at 05:11 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.0358 sec.

http://harlowvts.org.uk/