蠅男の脅迫状

「あッ、これは玉屋氏に出した蠅男の脅迫状や。あんた、どこでそれを――」「まあ待ってください。こっちが玉屋氏宛のもので、そこの絨毯《じゅうたん》の上で拾った。もう一通こっちの黄色い封筒は、この暖炉の上の、マントルピースの上にあった。その天馬の飾りがついている大きな置時計の下に隠してあったのです」「ほう、それはお手柄だ」「もっと愕くことがある。封筒の中には、ほらこのとおり同じように新聞紙の脅迫状が入っている」といって中から新聞紙を出してひろげ、「同じように赤鉛筆の丸のついた文字を辿《たど》って読んでみると、――きさまが血まつりだ。乃公《おれ》は思ったことをするのだ。蠅男――どうです。玉屋家の脅迫状と全く同じ者が出したのです」「フーム、蠅男? 何だい、その蠅男てえのは」「さあ誰のことだか分りませんが――ホラこのとおり、蠅の死骸が貼りつけてあるのですよ」 署長が帆村の手の掌のなかを覗《のぞ》きこむと、なるほど蠅の死骸だった。やはり翅や脚を※[#「てへん+毟」、第4水準2-78-12]《も》がれ、そして下腹部は斜めにちょん切られていた。全く同じ、恐怖の印だ。 ああ蠅男! 今夜玉屋総一郎に死の宣告を与えた蠅男は、それより数日前に、ドクトル鴨下の屋敷に忍びこんでいたのだ。あの半焼屍体は、蠅男の仕業ではなかろうか。いやそれに違いない。 では蠅男は、玉屋総一郎を間違いなく襲撃するつもりに違いない。悪戯《いたずら》の脅迫ではなかったのだ。「蠅男」とは何者であろう?

— posted by id at 05:08 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1969 sec.

http://harlowvts.org.uk/