新しく現われた調べ手

 カオルは、新しく現われた調べ手に、やや顔を硬ばらせながら、「いいえ、物心ついて、今夜が初めてなんですのよ」「ふうむ。それは又どういうわけです」「父はあたくしの幼いときに、東京へ預けたのです。はじめは音信も不通でしたが、この二、三年来、手紙を呉れるようになり、そしてこんどはいよいよ会いたいから大阪へ来るようにと申してまいりました。父はどうしたのでしょう。あたくし気がかりでなりませんわ」「いや尤《もっと》もです。実はネ――」と検事はカオルの顔を注意深く見つめ「実は――愕《おどろ》いてはいけません――お父さんは三十日に旅行をされ、未《いま》だに帰って来ないのです。そしておまけに、この家のうちに何者とも知れぬ焼屍体《しょうしたい》があるのです」「まあ、父が留守中に、そんなことが出来ていたんですか。ああそれで解りましたわ。警官の方が集っていらっしゃるのが……」「貴女はお父さんがこの家に帰ってくると思いますか」「ええ勿論、そう思いますわ。――なぜそんなことをお聞きになるの」「いや、私はそうは思わない。お父さんはもう帰って来ないでしょうネ」「あら、どうしてそんな――」「だって解るでしょう。お父さんには、貴女との固い約束を破って旅に出るような特殊事情があったのです。そして留守の屋内の暖炉《ストーブ》の中に一個の焼屍体《しょうしたい》が残っていた」 村松検事はそう云って、女の顔を凝視《ぎょうし》した。

— posted by id at 05:06 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.1791 sec.

http://harlowvts.org.uk/