人を惹きつける力

 サイラスはその手紙の主の大きなからだや、人を惹きつける力や、いきなり自分に迫つて來た態度などに、壓しつけられてしまつた。併し女は間もなく彼の心を落ちつかせてくれた。その態度は極めて温和で、また寛かで、彼を誘ひ出して冗談を言はせてみたり、また聲をたてゝ喝采してみたりした。そしていつの間にか、その愛嬌と、強いブランデーの手厚いもてなしとで、彼を戀に浸つてゐるやうな氣持にさせたばかりか、非常に強い言葉で自分の情熱を打ちあけさせるやうにさへした。「あゝ!」と、彼女は言つた。「あなたのおつしやる事をきくと、餘り嬉しいので、私今嘆いたりなんかしてはいけないのかどうか分らなくなりましたわ。今までは私は獨りで苦しんでゐました。けれどももう貴方と二人でせう。自分勝手のからだではなくなりましたわ。私あなたに宅へ來て頂きたいなんて申し上げられませんの。嫉妬家に睨まれてゐるんですもの。えゝと、」と言つて、女はまた附け加へた。「私の方があなたより年上ですわ。そりやずつと弱蟲だけれど。それから私、あなたの勇氣と決心とは頼りにしますが、私はまたお互の利益のために私自身の經驗を利用しなければなりませんわ。貴方は今どこに泊つていらつしやいますの?」 彼は家具附のあるホテルに泊つてゐるといふ事を話して、それから町の名や番地などを教へた。 女は一生懸命になつて暫くそれを思ひ返してゐる風だつた。「分りましたわ。」と、やがて彼女は言つた。「あなたは御親切だから私の言ふ通りになつて下さるわね。ねえ。」 サイラスは熱心に親切を盡す事を誓つた。「それでは明晩は、」と、女は氣をもたせるやうな微笑を見せて言葉を續けた。「一晩ぢゆうお宿にゐて下さいな。そしてどんなお友達が訪ねていらしても、直ぐに何とか工夫のつく口實を作つてことわつて下さいな。お宅の入口は多分十時にはしまるのでせう?」と、女はたづねた。「十一時までです。」サイラスは答へた。

— posted by id at 06:09 pm  

T: Y: ALL: Online:
Created in 0.3838 sec.

http://harlowvts.org.uk/